よもやま日記書いてます。
reiko3.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:旅行( 170 )
赤ちゃんライオン
8月22日(水)

東かがわ市にある「しろとり動物園」は田舎にある小さな動物園です。

前回行った時には駐車場をクジャクが歩いていたし、
ウサギがぴょこぴょこ走ってるし穴掘ってるし(笑)
のんびり動物とのふれあいを楽しめる動物園です。

ふれあい重視ということで、
ライオンやトラの赤ちゃんの抱っこ会をよくやっています。

今回もライオンの赤ちゃんを抱っこできるということで、
鳴門からの帰りに立ち寄ってきました。

私が抱っこした右の赤ちゃんライオン。
この子がめちゃくちゃ美人さんでびっくり!!
どんなぬいぐるみよりはるかにカワイイ!! v(≧∇≦)v
この動物園で大きくなるのか、どこかにもらわれて行くのか…
この子の成長を見てみたい!!
b0075917_12044532.jpg
b0075917_12044572.jpg
他にも、コツメカワウソと握手したり、

握手してます(笑)
b0075917_15245475.jpg
黄色のニシキヘビを首に巻いたりもできます。

やらなかったけど(~_~;)


少々遠いけれど楽しい動物園です。
ホワイトタイガーがたくさんいますよ。







[PR]
by 3reiko3 | 2018-08-22 15:29 | 旅行 | Comments(4)
渦潮
8月21日(火)

何度目かの鳴門の渦潮。
鳴門大橋を歩いて渦潮を見ました。
渦が大きくなる満潮時間に合わせて行ったのだけれど、
この渦が一番大きいくらいで、この日はイマイチ…の感じでした。

もう少し先まで渦の道が続いていたら真上から渦を見れるのだけれど、
ギリギリの所からのぞいても橋の鉄骨が邪魔~。
b0075917_12044544.jpg


b0075917_12044597.jpg

床をくり抜いたアクリル板からぐるんぐるん巻く渦が見たかったなぁ。
b0075917_12045068.jpg




[PR]
by 3reiko3 | 2018-08-21 12:22 | 旅行 | Comments(0)
淡路島の宿
8月20日(月)

甲子園を2試合楽しんだ後は、
淡路島へ。

鳴門大橋を望む南あわじの温泉です。
b0075917_11252601.jpg
口をパクパクさせている鯛の活き造りから始まる鯛づくしの夕食は
お腹がはち切れそうになりました(^◇^;)
b0075917_11252524.jpg
[宿のHPより]


お部屋付きの露天風呂からの眺めも最高!
b0075917_11252503.jpg
お湯もトロトロで、
真夏なのにとっても爽やかな風が吹いていて、
お湯から上がると濡れた体もす~っと乾いてしまい、もう極楽気分♪

夜になるとこの星空です!!

b0075917_11252660.jpg



[PR]
by 3reiko3 | 2018-08-20 11:37 | 旅行 | Comments(0)
甲子園
8月19日(日)

夫、長男と高校野球を見に行きました。
8月17日金曜日の第一試合と第二試合。
b0075917_11460236.jpg
特別高校野球に興味があるわけではないし、
猛暑だし、
お日様に当たれない私に甲子園なんて無理無理と思っていたけれど、
なんとな~く行くことになってしまって(^◇^;)

とりあえず日の当たらない内野席確保のために朝4時に出発。
甲子園には7時前に到着したのに既に内野席完売! 
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

仕方ない、外野席チケットを買うために並びます。
辺り一面人だらけです。
b0075917_11460314.jpg
b0075917_11572865.jpg
私は通路でもトイレでもどこか日陰を探して時間をつぶそうと思っていました。

外野席はどこもカンカン照りかと思っていたら、
夫がココなら!と熟考の末選んだ席が、
第二試合終了時には1列前まで日差しが迫っていたけれど私のところは日陰。
ありがたや~~~。
甲子園の外野席で日に当たりたくない方、
この大看板の下4列くらいは昼まで影です!
b0075917_11460272.jpg
b0075917_11460315.jpg
この日のレジェンド始球式には金村義明さんが登場。
ワンバウンドでした(^◇^;)
b0075917_11460354.jpg
さて、試合の方ですが、見てたり見てなかったり、
この日3本ホームランが出たのだけど、1本記憶になかったり (*^△^*)ゞ
寝てたかなぁ…
VTR見ないとわからない~と叫んでたり。
b0075917_11460361.jpg
試合観戦には不真面目な客でしたが、
会場全体の雰囲気は大いに楽しみました。

各校応援団はすごく良かった!
テレビでは伝わらない楽しさです。
近江高校は吹奏楽の応援もすごく上手でした。
b0075917_11460381.jpg
横浜戦で8回逆転勝利で大いに盛り上がった金足農業がベスト4に残っています。
できたらここに優勝してもらって、
吉田投手にはプロ野球に行ってもらって更に活躍してもらうと、
「高校野球に出場した時、見に行ったよねー!」といついつまでも自慢し続けるのになぁ~と
にわかファンになって応援しているのであります~(笑)
b0075917_11460499.jpg
この日、前日までの猛暑がウソのように、
秋の風が寒いくらいに吹いていて、ホントにホントにうれしかった~!






[PR]
by 3reiko3 | 2018-08-19 12:33 | 旅行 | Comments(0)
九州 その8 ロープウェイとフェリーに乗る
5月12日(土)

北九州市の実家、熊本の阿蘇、宮崎の高千穂、大分の別府と回った九州の旅の最後は、
別府市内と別府湾を見下ろす鶴見岳。
ロープウェイに乗ってグィ~ンと。
b0075917_12301903.jpg
とっても良い景色です~。
b0075917_12302327.jpg
前日の雨の中では山頂は黒い雲で覆われていたけれど、
晴れてて良かった!!

山頂のミヤマキリシマはもう少し、といったところ。
なにしろ、この日の山頂は6℃!!
日差しがあるので冬の6℃とはかなり違うけれど、それでも寒い寒い!
下界との差を感じます。
b0075917_12302785.jpg

たっぷり遊んで、帰宅は16:45別府港発⇒17:30愛媛県八幡浜着のフェリーで。

2等席って昔と変わらずに雑魚寝席なのですね。
b0075917_12422310.jpg
膝痛や腰痛の中年夫婦にはちょっと厳しい環境なので、
数少ないテーブル席をゲットしてゆっくり四国へ。
b0075917_12422325.jpg
夕日も美しい!
b0075917_12422378.jpg
八幡浜からは四国の高速を走って瀬戸大橋を渡って、5日ぶりの我が家へ。

楽しい旅でした! 【終わり】



[PR]
by 3reiko3 | 2018-05-12 12:47 | 旅行 | Comments(0)
九州 その7 別府だけどアフリカ
5月11日(金)

別府観光といえば「地獄巡り」
というのは昔の話で今はもう廃れているのかと思ったら、
青池地獄周辺は大渋滞!
入口辺りもものすごく美しくなっていてビックリ!

別府の街は海外からのお客さんで大賑わいと聞いたけれど、
そのおかげで街全体が大きく変わったようです。

「地獄」は何度も見ているので私達はスルー。

私達が行ったのは、ここ。
b0075917_13081665.jpg
アフリカの動物たちってこんな風にいるんだろうなぁ、と思わせるような、
「アフリカンサファリ」

サファリバスが絶対おすすめ!!と聞いていたので、
乗る気満々で朝10時に到着したところ、
渡された乗車券は午後2時40分発のバス。
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

サファリが作られてすぐはどこも大賑わいだったでしょうけど、
未だにこの人気なのにびっくり。

サファリバス&この風景が大きな魅力なのでしょう。

車がなければ本当にアフリカに思えてしまう。
b0075917_13273673.jpg
b0075917_13274545.jpg
サファリバスには乗れなかったけれど、
バスの後について動物達を間近でしっかり見ましたよ。
b0075917_13302576.jpg
b0075917_13303045.jpg
b0075917_13303603.jpg
b0075917_13304361.jpg
b0075917_13304762.jpg
バスが来るとルンルンで動物たちが寄ってきて、
すぐそばで見れるのは楽しい~♪
他のサファリパークではたいてい遠くで寝そべっているのを見るだけですから。

バスの中から直接エサをあげられたらどんなに面白かったかと、
それは思うけれど、ここはまたいつか来てもいいなぁ~と思うので、
その時のお楽しみ。
別府市内から30分の近さです。

お昼前、私達が帰る頃入場ゲートはこの渋滞。
b0075917_13310789.jpg




[PR]
by 3reiko3 | 2018-05-11 13:44 | 旅行 | Comments(0)
九州 その6 巨大ホテルに泊まる
5月10日(木)

宮崎県高千穂から大分県別府へ。

延々と広大な緑が続く「やまなみハイウエイ」を通って行く予定でした。
やまなみハイウエイ(ネットより)
b0075917_11192159.jpg
我が家のカーナビは最短距離をご案内~♪の設定がされているようで、
延々と左右から木々が覆いかぶさる暗~い林道を別府まで案内してくれました。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ  
雨だったしきっとキレイな景色はそんなに見れなかったでしょう。きっと。

夕方、別府の「杉乃井ホテル」に到着。
私が子どもの頃からあったホテルです。
いつの間にやらものすごくでっかいホテルになっていました。

チェックインのお客さんが並んで待っています。
b0075917_11342041.jpg
この写真を見て思ったのが、チェックインするのは圧倒的に女性が多いのだな、ってこと。
我が家は、ホテル等々の予約は私のメールを使って私がするので、チェックインは私なのですが、
勝手に男性がするものだろうと思い込んでいました。
へ~~~っと思ったことでした。

このホテルには温泉プールがあったりボウリング場があったりで
子ども連れのファミリーがたくさんいました。
この日は学校のある日でしたから、
じぃじばぁばと未就学児連れのパパママの多い事多い事!

私はこの露天風呂「棚湯」目当ての宿泊です。
(ネットより)
b0075917_11441532.jpg
あれ?これは・・・あれ?
ちょっと違う気がする~(^◇^;) 
写し様によってはこんな風になるかな(^◇^;)

イルミネーションやプロジェクションマッピングのイベントもあります。
b0075917_11485810.jpg
b0075917_11490100.jpg
建物が何棟も連なっているので巡回バスで移動します。
b0075917_11503062.jpg
b0075917_11502643.jpg
ここのお湯は少しトロっとした温泉でした。

湯の町別府はあちこちから湯けむりが上っています。
ホテルの窓から。
雨で見えにくいですが…。
b0075917_11532022.jpg
b0075917_11532737.jpg
子どもの頃、湯けむりがぼんぼん上がっている別府の風景が「温泉街の風景」と思っていたので、
大人になって、湯けむりもない、硫黄のにおいもない他の街の温泉街にかなり驚きました。

翌朝、晴れた別府の湯けむりを撮ろうと思ったら、
湯けむりがひとつも立ってない・・・なぜ?
検索してもわからない。
なぜ~~~~。
b0075917_11533322.jpg
早朝5時、再度棚湯に浸かって日の出を待ちました。
しかし、雲がかかっていて (⌒-⌒;) ・・・・
良いお湯だったので、それで満足満足!




[PR]
by 3reiko3 | 2018-05-10 12:09 | 旅行 | Comments(0)
九州 その5 雨の中ボートに乗る
5月9日(水)

ずっと良いお天気が続いていたGWでしたが、5月2日は朝から雨。

この日の予定は宮崎県の高千穂でした。

天照大神がお隠れになった天岩戸がある神話の国です。
新緑の中、パワースポット巡りをする予定でした。
初めて訪れる場所で、今回の旅行のメインだったのに・・・雨。

それでもせっかくだから、有名な高千穂峡の滝だけでも見に行こう!とおでかけ。
高千穂峡の手漕ぎボートは当然中止だろうなぁ・・・と諦めていたら、
ボートの受付に人がいる!

1枚200円のポンチョをかぶり、雨の中ボートに乗りました!
ボートの中では傘さして!(爆)
b0075917_16463188.jpg
b0075917_16463103.jpg
晴れていたらかなりの行列ができるそうで、
即乗れて、雨降りで良かったかも~(笑)

橋の上から見るとこんな景色。
b0075917_16463249.jpg
b0075917_16463210.jpg




晴れていると、こんなにキレイな色らしい(ネットより)
b0075917_16463557.jpg

濡れたお尻で、雨の中あちこち歩いて回る気力はもうなくて、
ボートに乗ってこの写真を撮って、高千穂は終わり。

またいつかチャンスがあれば出かけましょう。




[PR]
by 3reiko3 | 2018-05-09 16:52 | 旅行 | Comments(0)
九州 その4 馬に乗る
5月8日(火)

阿蘇中岳火口のふもとに草千里という大きな草原が広がっています。

全体の写真を撮っていなかったのでネットから。
b0075917_12354302.jpg
ここで乗馬ができます。
右手前の小山の周囲を20分くらいかけて歩きました。

もっと短いコースもありました。
b0075917_12354369.jpg
子どもが小さな頃にも確か乗ったと思うし、
その前、独身の頃にも友達と一緒に乗りました。
今回は手綱を引いている人がいるけれど、
友達10人くらいの団体で乗った時は誰もついてきてくれる人がいなくて、
えぇ⁉えぇ⁉とキャピキャピのOLさん達は大騒ぎ。若かったから騒ぐ騒ぐ。
それでも馬さん達は決まった道を黙々とパカパカ歩いて帰るお利口さんなのでした。

馬が作った道なのかな。
b0075917_12354421.jpg
20分ほどの乗馬の間、
手綱をひいてくれたおじさんといろいろおしゃべりしました。
b0075917_12354392.jpg
昔乗った時の手綱云々の話をすると、
「鞍をつけたら絶対に暴れないし、決まった道を歩くように教えてる」と言っていました。
この時も手綱をひいていませんね(笑)

私の記憶にある阿蘇の火口はもっと小さくて、
地層が見えている昔の火口なんてまったく覚えがないので、
「火口、昔のままですかねぇ」と聞くと、
「あはは・・・」と乾いた笑い。
そりゃ、30年くらいで変わりゃしませんよね。
でもね、記憶と全然違うのはなぜでしょう。不思議。

記憶と違っていて、あら不思議と思う事、最近ずいぶん増えましたけどね(笑)

乗馬前にはストレッチが必要です。
私が乗ったのんちゃんは、思った以上に胴回りが太くて、
股関節が、痛い!(~_~;)

この日の夜は阿蘇の温泉に浸かって、
冬からの膝痛と新しい股関節痛を癒したのでした。






[PR]
by 3reiko3 | 2018-05-08 13:16 | 旅行 | Comments(0)
九州 その3 阿蘇の火口を見る
5月8日(火)

ハワイのキラウエア火山はエライことになっていますが、
阿蘇中岳の火山は落ち着いていて、火口を見ることができます。
新燃岳の噴火で1㎞範囲内への立ち入り制限がかかっていたそうですが、
連休直前に規制解除されたそうで、よかったよかった♪

緑で覆われていた阿蘇も、火口近くになるとこういう景色になります。
b0075917_11360958.jpg

阿蘇中岳頂上です。
b0075917_11375137.jpg

この建物は噴火したらこうなるよ!という注意喚起のためにあるのかな?
効果抜群です。 こ、こわい (~_~;)
b0075917_11371022.jpg

阿蘇中岳火口
b0075917_11403546.jpg

火口の底にはメラメラと真っ赤に燃え上がるマグマが・・・
と思うでしょうが、じつは、美しいエメラルドグリーンのお湯が沸いているのです。
うっすら見えるでしょ。
b0075917_11453787.jpg

モクモクと噴煙を上げる火口のお隣は
b0075917_11370714.jpg
b0075917_11404493.jpg
以前の火口の跡らしいです。

火口周辺には、コンクリート製の退避壕がたくさんあります。
噴火しないと信じて近くまで行くのですけど、
いつ大噴火するかわからない活きている火山です。





[PR]
by 3reiko3 | 2018-05-08 12:12 | 旅行 | Comments(0)