よもやま日記書いてます。
reiko3.exblog.jp
ブログトップ
椅子の足
12月31日(日)

座面が高くて足がプラプラする食卓の椅子が2脚ありました。
夫にはちょうど良い高さらしい。
足の足らない私は(-_-;)、いつも別の椅子に座っているからいいか…
と思っていたけれど、
1つだけ私に合わせて切ってもらうことにしました。

我が家の修理担当大臣の今年最後のお仕事です。

切る場所にしるしを付けてノコギリでギコギコ
b0075917_13030332.jpg
サンダーで美しく磨いてフェルトを貼って完成
b0075917_13030912.jpg
4本足をガタつかさずに切るのは難しいかも、と言っていたけれどバッチリです(^^)v

我が家の食卓の椅子は2種類で高さはみんなバラバラ。

以前は、全部同じ椅子が並んでいるのが普通!と思っていたけれど、
家具屋のおじさんが
「家族それぞれ自分の好きな椅子を持ち寄ればいいんです!」と言っているのを聞いて、
すごく納得。

長く座る時は足がしっかり床に着く低めの椅子が楽だし、
文字を書いたり何か作業をする時には少し高めの方がやりやすい。
その時その時で使い分けも出来て👍です。


[PR]
by 3reiko3 | 2017-12-31 13:33 | その他 | Comments(2)
Commented by 毎日てくてくまりちゃん at 2018-01-02 11:44 x
前はお揃いが当たり前でしたが
娘のお嫁入りの家具で一番こだわったのはダイニングにテーブルです。

椅子は全て違うデザイン
色や木の質は一緒ですよ。

倉敷の手作りのお店で作っていただきました。

亡き主人の両親のお祝いでしたのでこだわりました。

もっと今じゃそれぞれの個性豊かなもので良い気がします。

時代は変わったなって思います。
Commented by 3reiko3 at 2018-01-02 20:12
まりちゃんさん、食卓といっても食事以外にもこのテーブルと椅子でいろいろな事をするし、お客様もこの椅子でおしゃべりするし、どの高さ、どの座面が良いのかいろいろと悩みます。
こだわりのダイニングセット、きっと素敵でしょうね。